私は、歯茎から出血し、膿みがネバネバ付着して口から異臭を放っているほどひどい状態で歯科医に駆け込みました。

もともと営業をしていたため、仕事の多忙さにかまけて口の中をここまで悪化させてしまったのです。

長期の仕事も多く得意先をはじめとした対人関係に気遣いも多くかなりストレスフルな生活が20年以上も続いていました。

歯科クリニックでは、まず歯周ポケットにたまった歯石を取り除いていただき、厚生物質を患部に注入し、病原菌の除去を行っていただきました。

1週間に1回必ず通院して治療に専念しました。これと合わせてナタマメの口すすぎを毎日実行しました。
治療を開始して1ヶ月であれほどひどかった膿みが改善し、症状も改善されていきました。

患部からの出血はなくそれに伴って歯肉の腫れも薄れ、健康なピンク色の状態へと戻りました。

私自身もしんどかった口臭までもしっかり改善しました。

営業でお客様と話す際に気になっていた口臭がなくなり本当にストレスから解放されました。

現在は、3ヶ月に1回通院し、歯科衛生士のなたまめ洗浄を行っていただいています。当然、私自身もなたまめ茶を使った口すすぎを行っています。

ナタマメ茶で口をすすぐと非常にすがすがしい気持ちになります。
https://jun0808.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html

ガンとのつきあいは、今から23年前、42歳のときに乳ガンで左の乳房を摘出して以来です。リンパ節への転移はなく、抗ガン剤の処方もありませんでした。それでも再発や転移への不安がいつもあり、せめて下の子供が小学校を卒業するまでは元気でいたいと思いました。

幸いにも、子供たちが巣立つまで無事が続き、夫と2人、老後をのんびり暮らそうと伊豆へ移住し、暮らし始めました。さあこれからだというときに、右の乳房に新たにガンが見つかったのです。

左の乳ガンの術後10年の定期検診が終わってから2年がたち、ようやくガンを卒業できたと思っていたやさきのことでした。

手術で切除しましたが、今回運よく、リンパ節への転移はなく、抗ガン剤の治療はせずに済みました。

私は姉を膵臓ガンで亡くしています。自分も2度ガンを患い、なんとか体質改善ができればと願い、いろいろな健康食品を利用してきました。

二度目の手術から2年後、義兄の勧めでβグルカンの飲用を始め、それまで続けていたサプリメント類はいっさいやめました。免疫力を高める作用が優れていて、その作用は大学の研究室でも証明されていると聞き、これ1本に絞ったのです。

以来、腫瘍マーカーがやや高めな数値を示したことが何回かありペットました。そのたびにPET検査を行いましたが、異常は見つかっていません。

医師は、腫瘍マーカーが上下するのは体質的なものだろうといいますが、私は、異常なしが続いているのはβグルカンのおかげにちがいないと思っています。

βグルカンを飲み始めてからは、気が楽になり、再発への不安も薄らいできました。病気らしい病気もしたことはなく、趣味に旅行にと楽しく暮らしており、手術をしたことも忘れています。

この2月で2度日の術後10年です。私もそろそろ高齢者の仲問入り。命ある限り、βbグルカンの力を借りながら、元気に生きていきたいと思っています。

現代人の弱った体を元気にし免疫力を高める米ぬか食品「バイオブラン」
http://1000ly.sblo.jp/article/175493383.html

ベータ1.3Dグルカンは、基本的なガンの治療と併用して行います。薬物治療や化学療法など、基本的な治療は実施していただきまいsた、それを補完するために、ベータ1.3Dグルカンということになります。ベータ1.3Dグルカンについてはこちら

私以外にもベータ1.3Dグルカンを使用している方もいますが、どなたも調子がいいとおっしゃっています。

たとえば、アレルギーが起こらなくなった、腫瘍マーカー(ガン細胞の目印になる物質の総称) の数値が下がった、カゼをひかなくなったなどです。
髪の毛が抜けなくなった、なども多い症状のひとつです。

明確に何かの根拠があってというわけえはありませんが、ベータ1.3Dグルカンを飲んだことで、免疫力(病気に抵抗する力) が高まった結果、よい効果につながったといえるのではないかと思lわれます。

医師も治療と併用することを条件にベータ1.3Dグルカンを使用していますが、何か体に影響していることを手応えとしてあるようです。

ガンの術後の化学療法がうまくいかなかった方や、インターフェロンの適用外の患者さんなどには、ベータ1.3Dグルカンが適していると思われます。

また、基礎的な治療法とベータ1.3Dグルカンを併用することによって、治療の効果が高まるといえます。

年をどっていくと、それだけ体は衰えていきます。そうした意味では、今後、ベータ1.3Dグルカンを適用する患者さんの範囲は広まっていくとも予想されます。






↑このページのトップヘ